VOICES INDEX VOICE ABOUT WORK VOICES CAREER RECRUIT ENTRY
先輩の声

将来、見えてくる風景は
努力でさらに延びていく
先輩から学び、今そう思える

システムエンジニア医療システム部

戸越 惇也 Atsuya Togoshi

2015年入社

理工学研究科情報工学コース

大学の学びと、実践の違いに驚き
基礎から振り返って学ぶことを決意

大学では情報工学を学び、アルゴリズムなど計算関係の研究を行っていました。もともとIT分野への就職を考えていたので、システム関係のスキルが身に付く会社でアルバイトをしており、そこの社長から富士通エフ・アイ・ピーの技術力の高さや幅広い事業フィールドについて教えていただいたことが、志望したきっかけになりました。新人研修が始まると、大学での学びと業務で必要な知識は全く別物。そのため基礎を見直し、課題の振り返りを行うなど、自分なりに工夫をしながらすべて吸収していこうと心がけました。配属されて初めて携わったのは、年金基金システムの開発で、企業の年金加入者を管理するシステムを改修する業務でした。最初は、指示をされた通りにプログラミングをするだけで精一杯で、簡単な作業でも先輩に質問ばかりしている毎日でした。

若手の強みを活かし、素直に聞くことで
スキルをどんどんアップしていく

今も年金基金システムの開発に携わっています。複雑な年金制度や システム全体の構成も理解できていないまま、任されたことをこなすばかりで、自分の力不足を感じることもしばしばありましたが、わからないことを素直に聞けるのはこの年次にしかできないチャンスだと思い、突き進んでいるところです。 その甲斐あって、最初は何のためのものかわからなかったプログラムも、現在では「このシステムのために必要だったのか」と思えるほど、自分のスキルが成長したと感じられています。

先輩たちの指導があったからこそ
プロジェクトリーダーを目指す自分がいる

現在の部署は、経験値の高い先輩が多数います。そこで私は、先輩たちの経験則をよく学び、身に付けて、5年後にはプロジェクトリーダーになりたいと思っています。今から損益管理や要員計画の知識はもちろん、プロジェクトの進捗状況を把握するように気を配り、全体を見渡すようにしています。先輩たちが、「わからないところがあれば、いつでも聞きに来なさい」という雰囲気で、この部署に迎えてくださったからこそ、積極的に聞く姿勢が身に付き、結果として自分から主体的に動いて多くのことを解決できるように成長できていると感じています。この先に見える風景は、自分の努力でいくらでも広がっていくと、今、自信を持ってそう言うことができます。

1DAY SCHEDULE

09:00 お客様先で追加機能導入の立ち会い
12:00 ランチ
13:00 午前に続き、動作検証をしながら、システムの使用方法を説明
16:00 帰社。社内打ち合わせでシステムの稼働状況や作業の進捗報告
17:00 システムが稼働する時間帯を避けて、システムの改修を行う
19:00 退社

TOP