STEP 01 STEP 02 STEP 03 STEP 04 STEP 05 ABOUT WORK VOICES CAREER RECRUIT ENTRY

FIPの仕事

FIPが創る風景

富士通エフ・アイ・ピーは長年の業務で培った技術とノウハウを活かし、あらゆる業界のお客様に安心・安全なサービスを提供してきました。
これからも便利で豊かな社会の実現を目指して、お客様、社員、FIPの可能性を広げながら新たな風景を創り出していきます。

プロジェクトの進め方

  1. ヒアリング
  2. 企画・提案
  3. 要件定義
  4. 設計・開発
  5. 運用・保守
営業
SE
  1. ヒアリングとは

    お客様が抱える様々な課題を聞き出す

    お客様が抱えている経営課題や業務課題等を詳細に聞き出します。
    さらに、お客様も気付いていない問題点を発見することもあります。ここでどれだけ深くヒアリングできるかによって提案内容に大きな差が出ます。

  2. 企画・提案とは

    ICTを活用した解決策を提案する

    お客様の要望と経営や業務方針・課題を踏まえて、システムの全体像を企画します。
    社内の関係部署や、場合によっては富士通のグループ会社と協力しながら提案を行うこともあります。
    提案が受け入れられれば受注です。

  3. 要件定義とは

    要件に沿ったシステム構成を決める

    システムを使うユーザー(お客様)にとって、必要となる機能や効果、使いやすさなどを明確にしていきます。 それらの要望をまとめた要件定義書をもとに、納品までのスケジュールやプロジェクトの人数を決定。 ここでお客様とシステムの内容やスケジュールを共有し、認識違いがないようにしっかりとコミュニケーションを取ります。 これから、いよいよ開発がスタートします。

  4. 設計・開発とは

    システムの詳細を設計書に起こし、
    プログラム作成・実装&不具合のチェックを行う

    要件定義書をもとに、アプリケーションやそれらを動作させる環境(システム基盤)など、システムの具体的な構成を決めます。 各機能をより詳しく洗い出し、プログラムを作る際の最適な処理を細分化しながら設計書を作成します。 その設計書をもとに、プログラミング言語を用いてシステム開発を行います。各工程でテストを繰り返し、不具合の修正を重ねながら、より良いシステムを完成させます。

  5. 運用・保守とは

    納品したシステムを安定稼働させるだけでなく、
    さらなる提案につなげていく

    システムの安定した稼働を目指すため、納品後の機能改善や環境移行、障害が発生した場合に対応する作業です。 お客様へ納品した大切なシステムを安定稼働させるための、縁の下の力持ちとして力を発揮します。 ここで現れた課題を次の提案へとつなげるため、常に問題意識を持って運用をおこないます。 運用から生まれる提案により、高品質なシステムを長年にわたり提供し続けることが可能となります。

TOP